2019年09月29日

粘土が出来るまで。

4C52657F-083F-4E0F-BFBB-5B008A0D1132.jpeg
1 原土の乾燥
72BCDCA1-0A04-4F85-BBCD-49815006E746.jpeg
2 草の根などの有機物を取る
38F00152-42B9-4EF1-A9F4-C51A20AE294F.jpeg
3 機械で粉砕する
42BAEA98-32E8-4C35-B5B3-0F9F9996725E.jpeg
4 粉砕後フルイをとおす
F3BD7CE2-EA46-44D3-99F9-D707EE6C7CD0.jpeg
水を加えて機械で練る
064684EE-C83A-4D24-91C9-920C14B1953F.jpeg
ビニール袋に入れて完成。
この原土は10年以上前に信楽の山から、スコップで掘った貴重なものです。もうその山はありません。信楽では黄瀬(きのせ)の粘土が有名(私も原土は在庫してます)ですが、それ以上に貴重な粘土です。

posted by tama at 10:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: